<var id="f1dvr"></var>
<cite id="f1dvr"></cite><var id="f1dvr"></var>
<progress id="f1dvr"><thead id="f1dvr"></thead></progress>
<var id="f1dvr"></var>
<menuitem id="f1dvr"><dl id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></dl></menuitem><var id="f1dvr"><video id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></video></var>
<var id="f1dvr"></var>
<var id="f1dvr"></var>

ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR?環境
  4. 経営戦略とサステナビリティ
  5. 長期視點での方針(環境ビジョン2050)

経営戦略とサステナビリティ

長期視點での方針(環境ビジョン2050)

2015年に採択された「パリ協定」では、今世紀後半に溫室効果ガスの排出量を実質ゼロにし、世界の平均気溫上昇を産業革命前に比べて2℃未満に抑えるという目標が掲げられました。ダイキンはパリ協定に賛同し、2050年に向けて溫室効果ガス排出実質ゼロをめざす「環境ビジョン2050」を策定。戦略経営計畫「FUSION20」の後半3カ年計畫に反映するとともに、2030年を目標とする中長期戦略づくりを進めています。

環境ビジョン2050の策定にあたって

長期的視野に立って2050年の社會変化を予測し、ダイキンの事業活動におけるリスクと機會を洗い出し、ダイキンが持つ資源から環境課題解決のために進むべき方向を導き出しました。

ダイキンの事業を取り巻く2050年の社會予測

ダイキンの事業と地球環境とのかかわりを踏まえ、既存の社會シナリオからダイキンの事業を取り巻く2050年の社會を捉え、長期的な環境課題を特定しました。

ダイキンの事業を取り巻く2050年の社會予測

參考にした社會シナリオ

※1
國連「World Population Prospects : The 2017 Revision」
※2
PwC 調査レポート「2050年の世界」
※3
國連「World Urbanization Prospects : The 2018 Revision」
※4
(株)廃棄物工學研究所「世界の廃棄物発生量の推計と將來予測 2011改訂版」
※5
IEA「World Energy Outlook2017」
※6
IEA「The Future of Cooling」
※7
Center for Global Development「The Future of Forests : Emissions from Tropical Deforestation with and without a Carbon Price, 2016-2050」
※8
(獨)物質?材料研究機構「2050年までに世界的な資源制約の壁」
※9
OECD「環境アウトルック2050」
※10
WHO「Quantitative risk assessment of the effects of climate change on selected causes of death, 2030s and 2050s」

リスクと機會から見たダイキンの進むべき方向

上記で特定した環境課題について、當社の事業リスク?機會を洗い出しました。
その上で、ダイキンが持つ資源から課題解決のために進むべき方向を導き出しました。

リスクと機會から見たダイキンの進むべき方向

環境ビジョン2050

當社製品から生じる溫室効果ガス排出をライフサイクル全體を通じて削減します。

さらに社會と顧客をつないだソリューションを創出し、ステークホルダーと連攜して、溫室効果ガス排出実質ゼロをめざします。

IoT?AIやオープンイノベーションを活用し、グローバルな環境課題の解決に貢獻しながら、世界の空気に関するニーズを満たし、安心で健康な空気空間を提供します。

ダイキン環境ビジョン2050

環境ビジョン2050の実現に向けた中長期戦略づくり

當社製品が生み出す新たな空気の付加価値を世界に創出し、さらに製品?ソリューションで溫室効果ガス排出実質ゼロをめざすべく、空調事業の將來を分析したうえで、2030年目標を設定し、戦略経営計畫「FUSION」で施策を展開し実行します。

環境ビジョン2050 の実現に向けた中長期戦略づくり

リスクと機會を踏まえた成長戦略

冷房の需要が急増する將來予測は、主力事業が空調事業である當社にとって大きな機會となります。その一方、気候変動が世界的な課題となり、脫炭素化が求められる社會において、空調の電力消費や溫室効果ガス排出の増加は、空調事業を持続するうえでの大きなリスクとなります。

そのため當社では、電力消費の抑制や冷媒の漏洩防止などの環境負荷低減に加え、高効率空調機や低溫暖化冷媒の開発?普及、建物と連攜したエネルギーの効率的活用などの新たな環境ソリューションの創出に取り組むことで、気候変動をはじめとした社會課題解決への貢獻と、事業のさらなる成長の両立をめざします。

冷房の將來を予測したIEA「The Future of Cooling」

國際エネルギー機関(IEA)が2018年5月「The Future of Cooling」を発表しました。世界的な電力需要の伸びを左右する重要な要素の一つとして、エアコンの使用に著目したものです。

同レポートによると、冷房の需要は2050年までに急増し、冷房に起因する世界の電力需要は3倍になると予測されています。

世界の空調機の市場ストック臺數と電力需要

世界の空調機の市場ストック臺數と電力需要
IEA「The Future of Cooling」より當社作成。
CSR?環境
ページの先頭へ
日本一区到一本在线观看_亚洲熟女少妇乱图片区_人妻互换免费中文字幕_欧美熟妇