大気?水質?振動?騒音などの測定?分析 764 2,422 1,509 2,434 2:地球環境保全コスト 省エネ型設備?機器の導入
生産工程からのフロン排出削減?回収 1,492 748 1,300 1,051 3:資源循環コスト 廃棄物減量化?リサイクル、外部委託処理、省資源活動 109 3,504 186 3,539 上?下流コスト 使用済み製品のリサイクル、サービス時や使用済み製品からのフロン回収?処理 24 277 23 201 管理活動コスト 環境擔當組織運営、環境教育、情報開示環境マネジメントシステムの構築?維持 81 1,179 35 964 研究開発コスト 空調機の環境3課題対応
環境対応フッ素化學製品開発 1,991 12,265 2,127 15,883 社會活動コスト 環境関連団體への支援(人材派遣?寄付等)
地域における環境保全活動 2 193 1 120 環境損傷対応コスト 地下水?土壌汚染の浄化のための費用 10 86 0 61 合 計 4,474 20,673 5,181 24,253 當該期間の設備投資額の総額 87,200 132,000 當該期間の研究開発費の総額 65,200 68,000
環境保全効果
効果の內容 2018年度
効果の値
2019年度
効果の値
事業エリア內コストに対応する効果 1:事業活動に投入する資源に関する効果 エネルギー消費に起因する
CO2排出量の削減
58,893t-CO2
削減
18,218t-CO2
削減
水使用量の削減 527,530m3
削減
873,383m3
削減
2:事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する効果 フロン排出量の削減 79t
削減
5t
削減
廃棄物量の削減 6,456t
増加
6,065t
削減
上?下流コストに対応する効果 事業活動から産出する財?サービスに関する効果 家庭用エアコンの回収臺數 39萬臺 41萬臺
フロン回収量 251t 275t
容器包裝リサイクル量 85.0t 98.0t

(単位:百萬円)

環境保全対策に伴う経済効果 (実質的効果)
効果の內容 2018年度
金額
2019年度
金額
収益 廃棄物または使用済み製品等のリサイクル売卻収入他 3,315 3,634
費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 325 162
省資源又はリサイクル活動に伴う廃棄物処理費の節減 105 107
CSR?環境

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ 日本一区到一本在线观看_亚洲熟女少妇乱图片区_人妻互换免费中文字幕_欧美熟妇