<var id="f1dvr"></var>
<cite id="f1dvr"></cite><var id="f1dvr"></var>
<progress id="f1dvr"><thead id="f1dvr"></thead></progress>
<var id="f1dvr"></var>
<menuitem id="f1dvr"><dl id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></dl></menuitem><var id="f1dvr"><video id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></video></var>
<var id="f1dvr"></var>
<var id="f1dvr"></var>

ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR?環境
  4. サステナビリティレポート:報告にあたって

サステナビリティレポート

報告にあたって

編集方針

「サステナビリティレポート2020」(冊子)および「CSR?環境」(WEBサイト)は、ダイキンの持続可能(サステナブル)な成長に向けた基本的な考えと2019年度の実績、今後の計畫を報告するものです。

WEBサイトは、あらゆるステークホルダーへの説明責任を果たすために必要な情報を網羅的に開示しています。
なお、冊子とWEBサイトの編集における違いは下記の通りです。

冊子

冊子は、ダイキンのサステナブルな社會に向けた戦略と、「価値提供のCSR」の4つの重點テーマ「環境」「新価値創造」「顧客満足」「人材」、そのベースとなる「基盤的CSR」活動のうち特に重要性の高い情報を中心に編集しています。

また、4つの重點テーマごとに注力した取り組みを特集として取り上げています。

WEBサイト

本サイトは詳細なデータや事例なども含めて構成し、ダイキンのCSRの方針と戦略?計畫について説明した「経営戦略とサステナビリテ?!工?、ダイキンが重視している9つのCSRテーマ(「価値提供のCSR」の4テーマ「環境」「新価値創造」「顧客満足」「人材」、「基盤的CSR」の5テーマ「コーポレート?ガバナンス」「人権の尊重」「サプライチェーン?マネジメント」「ステークホルダー?エンゲージメント」「地域社會」)ごとに取り組みをまとめています。

第三者検証

ダイキンでは、報告內容に対する信頼性の確保のために、溫室効果ガス排出量と水使用量、排水量、廃棄物排出量、化學物質排出量について、ビューローベリタスジャパン株式會社による第三者検証を受けました。

參考にしたガイドライン

GRI(Global Reporting Initiative)のGRIスタンダードを參照し、本レポートを作成しました。

ガイドライン対照表はWEBサイトに掲載しています。また、活動にあたってはISO26000も踏まえています。

2008年10月にダイキン工業は、國連が提唱する「グローバル?コンパクト」に署名しました?!溉藰亍埂竸簝P」「環境」「腐敗防止」の10原則を支持し、その実踐に努めるとともに、國連にサステナビリティレポートをCOP(Communication on Progress)として提出しています。

財務情報と非財務情報の開示

ダイキンは、ステークホルダーの皆様のニーズに合わせて情報開示を行っています。

財務情報に関する報告:財務情報や株式?株主情報を開示しています。
非財務情報に関する報告:CSR?環境を中心に、サステナビリティへの取り組みを開示しています。
ご注意

2019年度の活動を報告するにあたり、データを精査、これを修正した結果、2018年度の報告書と実績數値が異なっている項目があります。また、端數処理のため、合計が合わない項目があります。

將來に関する予測?予想?計畫について

本レポートには、「ダイキン工業株式會社とその連結子會社」(ダイキングループ)の將來に関する予測?予想?計畫なども記載しています。これらは、記述した時點で入手できた情報にもとづいた仮定ないし判斷であり、不確実性が含まれています。したがって、將來の事業活動の結果や將來に惹起する事象が本報告書に記載した予測?予想?計畫とは異なったものとなる可能性があります。

報告範囲

報告対象期間

2019年4月1日~2020年3月31日

報告対象組織

原則として、ダイキン工業株式會社およびその連結子會社を報告対象としています。

  • 財務:ダイキン工業株式會社および連結子會社313社(計314社)を報告対象としています
  • 社會:ダイキン工業株式會社および連結子會社を報告対象としていますが、項目によって異なります。(データ集計範囲は個別に記載しています。)
  • 環境:ダイキン工業株式會社の生産事業所4拠點と、國內生産子會社8社、海外の生産子會社46社を報告対象としています。

國內

ダイキン工業株式會社(全事業所)
本社
(大阪市北區)
 
東京支社
(東京都港區)
 
堺製作所
(大阪府堺市)
空調?冷凍機器、圧縮機
滋賀製作所
(滋賀県草津市)
空調機器、圧縮機
淀川製作所
(大阪府摂津市)
フッ素化學製品、油圧機器、空調機器、防衛精密機器
鹿島製作所
(茨城県神棲市)
フッ素化學製品
國內生産子會社8社
ダイキンシートメタル株式會社
ダイキンパイピング株式會社
ダイキン油機エンジニアリング株式會社
ダイキンレクザムエレクトロニクス株式會社
株式會社ダイキンサンライズ摂津
東邦化成株式會社
共栄化成株式會社
日本無機株式會社

海外

海外生産子會社46社
Daikin Australia Pty., Ltd.
Daikin Industries (Thailand) Ltd.
Daikin Airconditioning (Thailand) Ltd.
Daikin Europe N.V.
Daikin Compressor Industries Ltd.
Daikin Chemical France S.A.S.
Daikin Chemical Netherlands B.V.
Daikin Device Czech Republic s.r.o.
Daikin Industries Czech Republic s.r.o.
大金空調(上海)有限公司
大金空調(上海)有限公司恵州分公司
大金機電設備(西安)有限公司
大金フッ素塗料(上海)有限公司
大金フッ素化學(中國)有限公司
大金機電設備(蘇州)有限公司
大金電器機械(蘇州)有限公司
Daikin America, Inc.
大金制冷(蘇州)有限公司
Rotex Heating Systems GmbH
Daikin Airconditioning India Pvt. Ltd.
Daikin Malaysia Sdn. Bhd.
Daikin Refrigeration Malaysia Sdn.Bhd.
McQuay Technology (Shenzhen) Co., Ltd.
Daikin Electronic Devices Malaysia Sdn.Bhd.
Daikin Steel Malaysia Sdn.Bhd.
Shenzhen McQuay Air Conditioning Co., Ltd.
McQuay Air Conditioning & Refrigeration (Wuhan) Co., Ltd.
McQuay Air Conditioning & Refrigeration (Suzhou) Co., Ltd.
AAF (Suzhou) Co., Ltd.
AAF (Shenzhen) Co., Ltd.
American Air Filter Manufacturing Sdn. Bhd.
AAF (Wuhan) Co., Ltd.
Daikin Applied Americas Inc.
American Air Filter Company, Inc. (Delaware)
大金空調(蘇州)有限公司
J & E Hall Limited (United Kingdom)
Coulstock & Place Engineering Co. Limited (United Kingdom)
McQuay (UK) Limited (United Kingdom)
AAF-Limited (United Kingdom)
AAF International s.r.o. (Slovakia)
Daikin Applied Europe S.p.A.
Daikin Isitma Ve Sogutma Sistemleri San. Tic. A.S.
江西大唐化學有限公司
Daikin Refrigerants Europe GmbH
Goodman Manufacturing Company, L.P.
Quietflex Manufacturing Company, L.P.
CSR?環境
ページの先頭へ
日本一区到一本在线观看_亚洲熟女少妇乱图片区_人妻互换免费中文字幕_欧美熟妇