<var id="f1dvr"></var>
<cite id="f1dvr"></cite><var id="f1dvr"></var>
<progress id="f1dvr"><thead id="f1dvr"></thead></progress>
<var id="f1dvr"></var>
<menuitem id="f1dvr"><dl id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></dl></menuitem><var id="f1dvr"><video id="f1dvr"><listing id="f1dvr"></listing></video></var>
<var id="f1dvr"></var>
<var id="f1dvr"></var>

ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 第1回 日本オープンイノベーション大賞 文部科學大臣賞を受賞

ニュースリリース

第1回 日本オープンイノベーション大賞
「基礎研究段階からの産學共創 ~組織対組織の連攜~」で
大阪大學をはじめとする4者が文部科學大臣賞を受賞

印刷用PDFファイル(343KB)


概要

國立大學法人大阪大學(所在地:大阪府吹田市、総長:西尾章治郎、以下「大阪大學」)ならびに中外製薬株式會社(本社:東京都、代表取締役社長 CEO:小坂達朗、以下「中外製薬」)、大塚製薬株式會社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫、以下「大塚製薬」)、ダイキン工業株式會社(本社:大阪市、代表取締役社長兼CEO:十河政則、以下「ダイキン工業」)は、2月5日、內閣府主催の「第1回 日本オープンイノベーション大賞」において、「基礎研究段階からの産學共創 ~組織対組織の連攜~」で文部科學大臣賞を受賞しましたので、お知らせします。

近年、イノベーションの創出を巡る國際的な競爭が激化する中で、研究開発等の成果を迅速に社會実裝し、社會的ニーズの解決や新たな価値の創造につなげるには、組織の壁を越えて知識や技術、経営資源を組み合わせ新しい取組を推進するオープンイノベーションがますます重要になっています。また、ニーズの高度化?複雑化や人工知能、ビッグデータ解析といった技術の登場により、科學技術イノベーションの創出プロセスが大きく変化する中で、産學官のみならず様々な主體の連攜の必要性が出ています。こうした狀況を踏まえ、我が國のオープンイノベーションをさらに推進するために、今後のロールモデルとして期待される先導性や獨創性の高い取組を「日本オープンイノベーション大賞」として稱えることとされました。

政府各省の擔當分野ごとに大臣表彰をするとともに、経済団體、學術団體の會長賞が表彰されます。このたび、4者が受賞した「第1回 日本オープンイノベーション大賞 文部科學大臣賞」の概要は下記のとおりです。

賞 名 文部科學大臣賞
(科學技術?學術の振興の視點から、特に顕著な取組等が認められる個人又は団體)
テーマ 「基礎研究段階からの産學共創 ~組織対組織の連攜~」
受賞者 大阪大學、中外製薬、大塚製薬、ダイキン工業
概 要 包括連攜のもとで、卓越した研究者集団により生み出される獨創的基礎研究をシームレスに応用展開に繋ぐことを目指す。研究者獨自の自由な発想に基づいた基礎研究に専念できる環境を維持しつつ、有用なテーマを大學と企業との共同研究等として社會実裝化する。
目 的 大學が、基礎研究段階から研究活動経費の提供を受けることで、目先の課題ではなく、SDGsのような長期的視野で基盤研究を安定的に推進。大學の持つ総合的な知と企業が有する技術とが結びつくことで、長期的なオープンイノベーションを実現する。
內 容 創薬分野(中外製薬、大塚製薬)では、世界でトップレベルの免疫學研究を企業の資金供給で基礎研究段階から推進。極めて高い研究実績や企業が持つ様々な創薬関連技術を駆使し、世界的研究成果を社會価値の創出に繋げる。情報分野(ダイキン工業)では、世界から若手研究者を募り、その発想や熱意と企業が持つノウハウとを結びつけ、新たな価値を創造する。
表彰式 日時:平成31年3月5日(火)15:30~19:00(予定)(表彰式後に交流會が予定されています。)
會場:虎ノ門ヒルズ 森タワー 4階 ホールB(東京都港區虎ノ門)
內容:各賞授與、受賞者スピーチ、審査講評 他

受賞コメント

大阪大學:総長?西尾 章治郎

このたびは、中外製薬、大塚製薬およびダイキン工業の各社様とともに、栄えある第1回日本オープンイノベーション大賞において文部科學大臣賞を受賞することができましたことは、本學にとって大変光栄なことであり、心より嬉しく存じます。
大阪大學は、中外製薬および大塚製薬との間で締結した創薬分野の包括連攜のもと、免疫學領域において研究者獨自の自由な発想にもとづく研究を推進し、High Impact論文を數多く発表するなどの卓抜した成果を上げています。また、ダイキン工業との間で締結した情報分野の包括連攜では、社會課題解決型の23テーマにも及ぶ共同研究やAI人材育成を進めています。
本受賞を勵みに、大阪大學では、産學共創をこれまで以上に強力に実踐し、わが國のオープンイノベーションの推進に大きく貢獻してまいります。

中外製薬:上席執行役員 研究、トランスレーショナルリサーチ統括?岡部 尚文

このたびの受賞を大変名譽に感じています。中外製薬は革新的な醫薬品とサービスの提供を通じて社會とともに発展することを目指しています。この実現には、外部ネットワークの構築やベンチャー投資などの機會を通じた連攜がますます重要となります。新たな社會的価値の創出へ繋ぐ産學共創のパートナーとして、大阪大學との活動を進め、成果を新たなイノベーションという形でお示しできるよう引き続き邁進いたします。

大塚製薬:取締役 研究部門擔當?周藤 俊樹

このたびは、素晴らしい賞を賜り、大変光栄に存じます。當社は、自社の創薬研究のみならず、共同研究パートナーを尊重し切磋琢磨して研究開発を進めるオープンイノベーションに積極的に取り組んでいます。大阪大學との包括連攜のもと、世界トップクラスの免疫研究と自社の創薬研究との融合により革新的な製品を開発し世界の醫療に貢獻してまいります。

ダイキン工業:代表取締役社長 兼 CEO?十河 政則

第1回日本オープンイノベーション大賞において、文部科學大臣賞を受賞することができましたこと、大変光栄に存じます。
大阪大學との連攜は、組織対組織の大型産學包括連攜であり、今後のAI?IoT時代に必要な情報技術分野の人材育成や、大阪大學の最先端技術と當社のノウハウを掛け合わせた共同研究、世界から公募した研究者の獨創的な研究および研究成果の社會還元支援など、多くのプログラムを進めています。
このたびの受賞を勵みに、オープンイノベーションにより、近い將來に大きな成果創出と、社會課題の解決による貢獻ができるよう、産學協創をより一層、強力に推進してまいります。

関連情報

內閣府HP

本件に関する問い合わせ先

大阪大學共創推進部産學共創課 課長補佐 波多野 恒男?。à悉郡巍·膜亭?/h3>

TEL:06-6879-4872    FAX: 06-6879-4204
E-mail: kyousou-sangaku-kikaku@office.osaka-u.ac.jp
https://www.osaka-u.ac.jp

中外製薬株式會社 広報IR部 メディアリレーションズグループ

TEL: 03-3273-0881    FAX: 03-3281-6607
E-mail: pr@chugai-pharm.co.jp
https://www.chugai-pharm.co.jp/index.html

大塚製薬株式會社 広報部

TEL: 03-6361-7379
E-mail: pr-pharma@otsuka.jp
https://www.otsuka.co.jp/

ダイキン工業株式會社 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ

TEL 大阪:06-6373-4348、東京:03-6716-0112
E-mail: koho.inf@daikin.co.jp
http://www.suyounlee.com/

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式會社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北區中崎西二丁目4番12號(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港區港南二丁目18番1號(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ
日本一区到一本在线观看_亚洲熟女少妇乱图片区_人妻互换免费中文字幕_欧美熟妇